仮想通貨@億り人速報

仮想通貨まとめになります!最新ニュースからネタ記事まで楽しめる!

    2018年05月

    1: 2018/05/22(火) 12:55:04.11 _USER

    normal[1]


    ITmedia NEWS 2018年05月21日 20時04分 公開
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/21/news103.html

     三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とコンテンツデリバリーサービスなどを手掛ける米Akamaiは5月21日、
    決済処理速度2秒以下で、世界最速の取引処理性能となる毎秒100万件の取引を可能にするという
    新型ブロックチェーンを開発したと発表した。ブロックチェーンのメリットを犠牲にせず、取引の高速化と
    大容量化を実現したとしており、19年度以降に新型ブロックチェーン技術を組み入れた決済インフラの
    サービス提供を目指す考え。

     「分散型取引台帳」とも呼ばれるブロックチェーンは、参加者(ノード)それぞれが同じ台帳を持つ
    非中央集権型の技術。送金履歴を記録した「ブロック」を相互に承認し、鎖のようにつなげていくのが特徴だ。
    過去の全取引履歴が記録されたひとつなぎの台帳を多数の参加者間で共有するため、取引履歴の改ざんが
    難しいとされている。

     ブロックチェーンの取引速度や処理容量は、ノード間の合意形成の速度に依存する。そのため、
    従来のブロックチェーン高速化の取り組みではノード間の距離を短くして高速通信を行ったり、個々の取引を
    記録せず合算結果のみをブロックに記録したりしていた。

     しかしこれらの方法では、ノードが地理的に分散せずシステムの継続性が下がる、詳細な取引記録が失われる、
    といったデメリットがあった。

     MUFGとAkamaiが開発した新型ブロックチェーンでは、Akamaiが持つ130カ国3800カ所以上の拠点に配備された
    サーバ群によって構成される配信基盤「Akamai Intelligent Platform」に全ノードを配置することでノード間の
    高速通信を実現。

     さらにノード内のブロック生成や検証処理を高速・大容量化するための独自プログラムの開発により、
    ブロックチェーンのメリットを保持した上で高速処理を可能にしたとうたう。

     毎秒100万件の取引速度までは実際のビジネスシーンを想定した環境下で検証したとしており、機能拡張により
    毎秒1000万件超の取引も期待できるという。

     新型ブロックチェーンを組み込む新たな決済インフラ(ペイメントネットワーク)では、高速処理性能を生かし、
    IoT時代の「時間単位課金」や「マイクロペイメント」などの新しい支払い手段や、「シェアリングエコノミー」
    といった多様な決済シーンをサポートするオープンなプラットフォームの提供を目指す。 
      

    続きを読む

    785: 2018/05/22(火)

    Ddx9DPAUwAAnFS2[1]


     
    ビットキャッシュと仮想通貨「NANJCOIN」を運営するNANJは、eスポーツと仮想通貨の発展を目指したコラボレーション企画を5月25日17時から5月28日12時まで実施する。

     コラボレーション企画では、米イリノイ州にて開催されるe-Sports大会「COMBO BREAKER 2018」に出場するプロeスポーツチーム「CYCLOPS athlete gaming(サイクロプス アスリート ゲーミング)」所属のプロ格闘ゲームプレーヤー4名に対し、仮想通貨「NANJCOIN」を使った直接的な応援や支援(いわゆるドネーション寄付)を行なうことができる。

     同時に応援リツイートでリアルNANJCOINが抽選で当たる企画も実施される。応援リツイート企画は5月22日13時(日本時間)より開始される。

    【対象プロ格闘ゲームプレーヤー】
    ・どぐら選手(STREET FIGHTERシリーズ・ドラゴンボール ファイターズ)
    ・GO1選手(STREET FIGHTERシリーズ・ドラゴンボール ファイターズ)
    ・たぬかな選手(鉄拳)
    ・フェンリっち選手(BLAZBLUE・ドラゴンボール ファイターズ)

    【応援イメージ】□キャンペーン実施の背景

     仮想通貨を通じてのスポーツ経済圏の実現により、全てのスポーツの支援・発展を望むNANJと、国内で急速に市場規模が拡大しているeスポーツ領域において、事業の推進ならびにその普及に精力的に取組んでいるビットキャッシュの理念が一致し、今回のコラボレーション企画が実現した。

    【NANJ 代表取締役CEO 弘田 大介氏のコメント】

     新たなスポーツエンターテインメントと言われるeスポーツを通じて、仮想通貨「NANJCOIN」を使った、ファンから選手への直接的な支援とコミュニケーションの実現と国内数百万とも言われる仮想通貨保有者へのPR効果や、仮想通貨が社会に関わる可能性を探る機会として大いに期待しています。

    【ビットキャッシュ 代表取締役社長 伊草 雅幸氏のコメント】

     今回出場予定の弊社がスポンサーを務める「CYCLOPS athlete gaming」所属の4選手は、いずれも世界各国で活躍するトッププレーヤーで、同大会でも活躍が期待されています。

     ライブストリーミングで配信される選手たちの活躍を見ながら、NANJCOINで直接支援することで、応援する観客とプレイする選手との一体感を感じていただき、より多くの方にeスポーツの魅力を知っていただければと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000073-impress-game


    続きを読む

    130: 2018/05/21(月) 19:53:41.51

    thumbnail_mona[1]


    モナコインの今後を予想してみる。
    ●ツイキャスに続きニコ生、メルカリ、pixivなどの大手サービスがモナコイン決済や投げ銭を導入
    ●昨年のIIJサービス発表の通り、モナコインが決済手段として本当に使用される
    ●XMP上場
    ●BTCpayにMONA本格対応
    ●ブロックサイズ拡張のためにハードフォークが実施される。モナコインキャッシュが誕生し、現在のモナコインはモナコインクラシックとなる
    ●モナコインクラシックはxmpをburnするための道具として扱われるようになる

    あくまで一個人の妄想です。

    続きを読む

    241: 2018/05/21(月) 13:29:48.55


    241f416318f522fbe9505aabf76c75da[1]


    客のヘイト集めるの上手やな
    こんな陳腐な謝罪じゃチョロイ奴しか騙せんぞ

    >早いもので、弊社が業務改善命令を受けてから約二ヶ月半が過ぎようとしております。
    >「実効性あるシステムリスク管理態勢の構築」、
    >「適切にお客様へ対応するための態勢構築」、この二点が最重要課題です。
    >私たちはこれらを誠実に確実に果たすため、怒涛の毎日を過ごしております。
    https://corp.zaif.jp/info/9491/

    続きを読む

    693: 2018/05/20(日) 19:44:08.45 ID:7UPg/lN2

    001-680x383[1]


    仮想通貨って○○円になったら買うみたいな注文できるやろ?
    そのとき価格が一瞬で指定した価格を超えて変動したらその価格通りで取引できるんか
    それとも変動した価格での取引になるんか?

    続きを読む

    917: 2018/05/20(日) 07:42:51.39

    eyecatch[1]


    俺がアンチの理由は、時価総額が単に実需、性能を鑑みて高すぎること。

    ネムに流入した資金を別の有望トークンに分配されているんだろうな。

    仮想通貨業界の時価総額が増えてもネムが上がらないもしくは下げてる現状はそういうこと。

    ネムは2円程度になると予測。

    続きを読む

    849: 2018/05/19(土) 20:29:44.46 ID:/4h3SvMx

    eyecatch[1]


    ネム40円くらいで安いから買おうかなーって考えてるんだけど、
    ビットコインやイーサリアムはもちろん、モナコインやリップルと比べても、何でこんなに安いのか気になる。
    ハッキングされたのも一因だろうけど、それにしても安いよね。
    世界ではほとんど知られてなくてホルダーは日本人がほとんどだからとか?
    ネムに問題点あったら教えてください

    続きを読む

    このページのトップヘ