仮想通貨@億り人速報

仮想通貨まとめになります!最新ニュースからネタ記事まで楽しめる!

    2018年04月

    1: 2018/04/03(火) 14:22:43.56 _USER9

    20180403-00000040-reut-000-1-view[1]


    [ニューヨーク 2日 ロイター] - 中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)は2日、ドバイを拠点とする仮想通貨「アリババコイン」の運営会社アリババコイン財団に対し、商標権を侵害し混乱を招いたとして提訴した。

    マンハッタンの米連邦地方裁判所に提出された訴状によると、同財団による「顕著で反復的かつ意図的に誤解を招く」商標名の使用は、アリババコインがアリババから承認を受けている、もしくはアリババと提携していると消費者が混乱するように意図されているとした。

    アリババコイン財団および同財団の法律事務所からのコメントは営業時間外のため現時点で得られていない。

    米連邦地裁のキンバ・ウッド判事は提訴から数時間後に一方的緊急差止命令(TRO)を発令。アリババコインに対し、商標権を侵害していないとする理由を4月11日に説明するよう求めた。

    ロイターが入手したTROのコピーによると、同訴訟では、商標権の侵害を止めるよう求めているほか、連邦法やニューヨーク州法に違反しているとして、補償的および懲罰的損害賠償を求めている。TROはオンライン上の裁判所記録では入手できない。

    アリババは、アリババコインが「成功するためにアリババの高い評判を十分利用することにひたすら注力した」と非難。アリババは繰り返し「仮想通貨領域への進出に興味がない」と発表してきたが、メディアを通じて混乱が広がっており、アリババコインは「この混乱を修正したり、食い止めようとしたりしていない」とした。

    アリババの弁護士はさらなるコメントを控えた。

    2018/04/03 12:35
    ロイター
    http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E3%A2%E3%AA%E3%90%E3%90%E3%81%E4%BB%AE%E6%B3%E9%9A%E8%B2%A8%E3%8C%E3%A2%E3%AA%E3%90%E3%90%E3%B3%E3%A4%E3%B3%E3%8D%E9%8B%E5%B6%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%92%E5%86%E6%A8%E6%A8%A9%E4%BE%B5%E5%AE%B3%E3%A7%E6%8F%E8%A8%B4/ar-AAvoFmD?li=BBgB3RV&ocid=ientp#page=2

    続きを読む

    taiho[1]



    1: 2018/04/03(火) 16:19:39.12 BE:878978753-PLT(12121)

      他人に成り済まして仮想通貨交換所の口座を不正に開設したとして、
    警視庁と福島、群馬両県警は、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、
    東京都新宿区西新宿7、中国籍の会社役員、林小林容疑者(30)を逮捕した。
    「知らない」と否認している。逮捕は3月15日。警視庁サイバー犯罪対策課に
    よると、この口座は中国人と…
    この記事は有料記事です。

    残り107文字(全文257文字)
    https://mainichi.jp/articles/20180403/dde/041/040/057000c

    続きを読む

    1: 2018/04/03(火) 13:44:16.34 _USER9

    20180403-00000047-asahi-000-2-view[1]

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389231000.html

    巨額の仮想通貨が流出した大手交換会社、「コインチェック」がネット証券大手の
    「マネックスグループ」の傘下に入り、経営体制を刷新する方向で最終調整を
    進めていることがわかりました。「コインチェック」としては、仮想通貨の巨額流出で
    失った信頼を回復し法律に基づく仮想通貨交換会社の登録を受けるには、
    ほかの企業の傘下に入る必要があると判断したものとみられます。

    続きを読む

    510: 2018/04/03(火) 04:01:29.42

    bitcoinIMGL1762_TP_V[1]


    ビットコインでテクニカル云々いう奴いるけど何なの?
    こんなはちゃめちゃな動きしてるのに4時間足だ、日足だ、フィナボッチだ、雲だ、三尊だ
    全然関係ないじゃん。
    仕手が気まぐれに上げたり、不意の材料で急落したりしてるのに。
    そもそも下値固めながら上げたりもしてないし、抵抗線なんてのがあるわけでもないし。

    続きを読む

    1: 2018/04/02(月) 09:28:22.13 _USER9

    -1x-1[1]


    ビットコインなど仮想通貨の誕生からほぼ10年。だが、資産運用の専門家の間でもこうしたデジタル資産に対する見方はまだ定まっていない。

      米フロリダ州マイアミで開催された会議「コンテクスト・サミッツ」での調査によれば、運用のための資産・資金配分を行う年金や政府系ファンド(SWF)、ファミリーオフィスなどの400を超える機関のほぼ半数が、仮想通貨についてどう判断していいか分からないと回答した。

      合法的な資産クラスだと答えたのは27%。詐欺だとみている回答者は26%だった。

      仮想通貨ファンドの設定は花盛りのようだ。オートノマス・リサーチによると、2017年には167本が始動と、前年の8倍余りの水準となった。だが一方で、顧客や国民から預かった資金の運用に責任を負う機関が仮想通貨を幅広く受け入れるにはまだ至っていないようだ。

      コンテクスト・サミッツ会議の調査では、11%が仮想通貨ファンドに資金を今年割り当てると回答したが、71%はそうした計画はないと答えた。18%は決めていないという。調査は1月31日-2月2日に実施された。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-01/P6E7TK6TTDS101

    続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 19:31:27.33 _USER

    12a84bf7c6d632fa99884b8b242ff03b[1]


    ビットコインに代表される「仮想通貨」が注目され、話題を呼び続けている。

    その価格の乱高下や、決済手段としての可能性、法的規制など、ニュースになることも多くなった仮想通貨。現在の人気が「バブル」なのかどうかを含めてさまざまな議論が行われている。

    最近では数百億円に及ぶ仮想通貨の流出事件が報道され、そのセキュリティのあり方についても多方面で検討されるようになってきた。

    脳科学、認知科学の立場から仮想通貨を見ると、その基礎技術、とりわけ「ブロックチェーン」にはとても興味深い点がいくつかある。

    まずは、「分散型台帳技術」と訳されることも多くなってきたその情報管理のあり方。ネットワーク上に分散して記録が残っているという方法は画期的なものだと言える。

    例えば、AさんがBさんに1000円貸したとして、その記録は、これまではAさんとBさんの間にしかなかった。「借用証」などの書類があったとしても、それをなくしてしまったら、おしまいだった。もし、Bさんが「Aさんから1000円借りたことなどない」と言い張ったら、それを証明する責任は、あくまでもAさんにあった。

    ところが、ブロックチェーンでは、「AさんがBさんに1000円貸した」という記録は、ネットワーク上に分散して残っている。このため、たとえBさんが「借りていない」と白を切ったとしても、ネットワーク上の至るところに「証拠」があるので逃げられない。

    もちろん、誰かが悪意でネットワーク上の記録を書き換えることもありうる。そこで、ブロックチェーンは、複雑な計算を実行しなければそのような攻撃ができないように設計することで、安全性を保っている。

    このようなブロックチェーンの性質は、言語に似ている。一つひとつの言葉の「意味」は、人間の社会の中に分散して表現されている。1人が勝手に書き換えようとしても、他の記録が存在するから、そのような攻撃は不可能なのだ。

    ビットコインなどの仮想通貨における「採掘」も認知科学的に見て興味深い。

    分散型台帳としてのブロックチェーンの安定性を支えるためには、膨大な計算を実行し続けなければならない。そのような計算のために「資源」を提供する人は、いわば、ブロックチェーンという「公共」のシステムを維持するために努力している人たちである。

    そのような努力(「プルーフ・オブ・ワーク」)を行っている人たちが、いわば「ご褒美」として、ビットコインなどの仮想通貨をもらう。これが「採掘」である。

    金やプラチナなど、価値のある貴金属を「採掘」する場合には、それなりの人力、機械力、エネルギー、資金がいる。そのことが、もともとは自然界に誰のものでもなく存在した「価値」を自分のものとする「正当化」の理由になっている。

    仮想通貨の採掘への報酬も、ブロックチェーンという公共のシステムを維持するために努力している人に与えられる報酬だと考えると納得できる。ご町内を掃除してくれた人に対して、町内会から寸志を渡すようなものである。

    ブロックチェーンは、言語や公共性に関して人間が積み重ねてきた文化と似ている。だからこそ、今後多少の波乱や乱高下があっても、長期的には定着していくだろう。
    http://president.jp/articles/-/24684

    続きを読む

    1: 2018/03/31(土) 21:01:07.57

    20180123-01447877-sspa-000-2-view[1]


    仮想通貨の利益の55%税金てなんだよ
    雑所得に分類されってさ・・・
    税理士さんの7割も分かってないのにさwwww
    勢いで、買った人達とか、これ分からないだろwwww
    せめて、20%にしないと、儲けた人達みんな海外で、利確するだろww
    あと、学生とか、お水のお姉さんとか、可哀想だろ
    もうちょっと、分かり易くしてあげろよ
    てか、なんで、雑所得に分類したんだよ
    馬鹿かよ

    続きを読む

    このページのトップヘ