仮想通貨@億り人速報

仮想通貨まとめになります!最新ニュースからネタ記事まで楽しめる!

    2018年03月

    1: 2018/03/29(木) 16:24:42.15 _USER

    Cryptocurrency-Bitcoin-2-e1516090127142[1]


    情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、日本時間14時12分の時点で、ビットコインは0.24%値下がりし、7878ドルの値をつけている。ビットコインは先に、時折0.01%値下がりしていた。取引所「Bitfinex」では、ビットコインは1.09%値上がりし7851ドル、「GDAX」では0.9%上昇し7843ドルとなっている。

    オルトコインは多方面にわたって取り引きされた。イーサリアムは2.66%値下がりし448.87ドル、リップルは0.99%値上がりし0.579ドル、ビットコインキャッシュは1.36%値下がりし880.93ドルとなっている。暗号通貨市場の時価見積もりは、コインマーケットキャップによると、3千億ドルを下回り、現時点で2986億4千万ドルとなっている。

    アナリストらの見解によると、暗号通貨市場に関する否定的ニュースがないことは、以前はそうだったようなビットコイン相場の押し上げ要因には既にならない。

    アナリストらは、ビットコインが6千のレベルにまで下落すると予想している。
    https://jp.sputniknews.com/business/201803284722114/

    続きを読む

    814: 2018/03/29(木) 09:54:41.07
     
    ripple-1[1]


     オンラインウォレット「アップホールド」は、プラットフォームにリップル「XRP」を追加し、メンバーの「XRP」の売買を可能にすると発表した。アップホールドのディジタルマネープラットフォームでは現在、ユーザーが30以上の通貨、商品に加え7つの仮想通貨の売買ができる。これに、リップル「XRP」が加わることになる。

    最高経営責任者(CEO)のAdrian Steckel氏は報道発表で、「「XRP」の需要は大きく、アップホールドは「XRP」のアクセスを容易にする初めてのプラットフォームとなる」とした。米国で、リップル「XRP」の取引が可能な唯一なプラットフォームとなる。アップホールドのメンバーはポートフォリオでリップル「XRP」を保有することが可能になる。

    リップル「XRP」は対ドルで28日も冴えず、0.5696ドル近辺で上値の重い展開となった。

    https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20180329-01078001-fisf-market

    続きを読む

    1: 2018/03/29(木) 02:58:24.88 _USER


    563ba935c602a506a5ee101b37b6242b[1]


    仮想通貨交換業者2社が新たに交換業から撤退することが分かった。これまでに3社が金融庁への登録申請を取り下げており、計5社が仮想通貨交換業から撤退する。1月下旬にコインチェック(東京・渋谷)で巨額の通貨流出が起きて以来、金融庁は体制整備を強く求めてきた。利用者保護の仕組みを整えられない業者の淘汰は今後も進みそうだ。

    3月8日に業務改善命令を受けたミスターエクスチェンジ(福岡市)と、東京ゲートウェイ…
    2018/3/29 1:31
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28713380Y8A320C1MM8000/

    続きを読む

    605: 2018/03/28(水) 07:56:30.26

    ripple-1[1]



    来月4月20日に50万円入るんだか(特別賞与)
    50万全てリップルを買う予定
    ただ、今62円だけども
    4月20日までにかなり上がってたら
    ショックでかいので後悔する前に
    今、貯金下ろして買っといた方がいい?

    ちな、29歳底辺リーマンです。

    続きを読む

    1: 2018/03/28(水) 10:52:09.80 _USER9

    bitcoinIMGL1762_TP_V[1]



    ビットコインは馬脚を現す一方で「ブロックチェーン2.0」が花開く

     日本では、「夢の通貨」や「未来の通貨」、「これが世界を変えるんだ」といったバラ色のイメージが先行して、多くの方が仮想通貨を買い漁った、という印象を持っています。

     特に、昨年12月には仮想通貨の代表格である「ビットコイン」の価格が年初の20倍となりました。これは、事情も知らずただ儲かるものだと思った日本人の投資初心者が、どっと押し寄せたからです。

    ――仮想通貨の真実ですか。一口に仮想通貨といっても、投資や技術などいくつか側面があり、これらの要素を分解した上で未来予想をしてもらいたいのですが、まず投資という側面から、1年後に価格はどうなると思いますか。

     それは全然わかりません(笑)。ただ、昨年当初の1ビットコイン=10万円まで落ちてもおかしくはないだろうと思っています。
    全文は:http://diamond.jp/articles/-/164684

    続きを読む

    1: 2018/03/28(水) 00:09:27.28 _USER

    901f550aae611f79a69874e8a6d77725[1]



     米カリフォルニア大学サンディエゴ校 ジェイコブ・スクール・オブ・エンジニアリングは26日(現地時間)、取引所に上場された直後の仮想通貨について、投機よりもマイニング(採掘)のほうが高い収益を得られるとの研究結果を発表した。

     これは、BitcoinとLitecoinを除いた、18種の仮想通貨(Altcoin)について、通貨の採掘と投機の潜在的な収益性を推定した研究によるもので、ランダムなAltcoinを採掘して得た収益は、投機による収益よりもリスクが低い傾向があることも示されたという。

     研究は実際のブロックチェーンと取引データを用いて行なわれたもので、市場参入時期やホールドポジションなどのさまざまな条件のもと、投資1ドルあたりの1日の収益を見積もるシミュレーションを行なったところ、7日間での期待収益率は、採掘で7~18%だったのに対し、投機では-1~0.5%と低い数値が示されたとしている。

     リリースでは、一部のコインは巨大な利益を得られる可能性を秘めているが、多くの通貨が単純なバブル崩壊のシナリオにしたがっており、Altcoin市場の極端なリスクと潜在的な利益が強調される結果であると述べている。

     なお研究結果は、2月末から3月頭にかけて開催されたカンファレンス「Financial Crypto 2018」で発表されている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1113740.html

    続きを読む

    このページのトップヘ