仮想通貨@億り人速報

仮想通貨まとめになります!最新ニュースからネタ記事まで楽しめる!

    2018年01月

    1: 2018/01/30(火) 03:01:33.72 _USER

    af41e7aacc4400c980053c6ffc3bc1c7[1]



    コインチェックに仮想通貨の「NEM」を預けているという、関東地方に住む22歳の男子大学生がNHKの取材に応じました。
    男子学生は、知り合いからの勧めもあって仮想通貨に将来性を感じ、一時は投資のつもりで、親からの仕送りやアルバイト代のほとんどを、NEMやビットコインといった仮想通貨の購入に充てていました。

    コインチェック以外にも複数の取引所に分散させて預けていたため、今回、影響を受けたのは保有するNEMのうちのおよそ2万円分と比較的少額にとどまりましたが、今後の見通しが立たない中、会社への不信感を募らせています。

    男子学生は「会社から返金するという発表がありましたが、流出した当時の相場よりも安いレートで返金されるので納得はいっていません。返金の時期も未定だということで、状況はかなり不安定なのではないかと思います」と話しています。

    一方で、男子学生は今後も仮想通貨の取り引きを続けたいとしたうえで、「大学の知人など周囲には仮想通貨を投機対象にしている人がそれなりにいるし、まだ投資する価値があると思います。問題を起こしたコインチェックには、しっかりとしたセキュリティー対策を講じてもらいたいです」と話しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011307081000.html

    続きを読む

    1: 2018/01/30(火) 01:03:33.15
     
    20180127-00000002-sasahi-000-16-view[1]



    結論から言えば、17年4月19日から日本の顧客に向けてNEMの取り扱いを開始したとアナウンスしてるのですが、実際に海外取引所PoloniexからNEM/XEMを購入したのは17年6月12日です。

     それまでの2か月間、顧客からの買い注文通りにPoloniexと取引されておらず、顧客にも引き渡されていないことになります。
    仮に実際に買い注文がPoloniexに入り、Poloniexの「コインチェック社の預かり口座」にNEM/XEMが留め置かれていたとしても(確認が取れずその可能性は低いですが)、
    コインチェック社のウォレットに移ったのは17年6月12日が最初ですから、いずれにせよ、NEM/XEMの買い注文を入れた顧客には引き渡されません。

     NEM/XEMに紐づけられているコインチェック社のウォレット「nbzmqo-7zpbyn-bdur7f-75maka-2s3dhd-cifg77-5n3dNc3bi3-dnmr2p-geoomp-2nkxqg-sakms7-gyrkva-5csz」
    以外での取引があった可能性は存在しますが、そうであるならば金融庁・関東財務局に提出した暗号通貨の管理台帳以外に海外取引所との取引があったことになり、コインチェック社に二重帳簿が存在することになります。

     また、コインチェック社は顧客からの預かり口座と、自社で運用する自己勘定用の口座が分別されておらず、そもそも資金決済法上の口座の分別管理が行われていなかったと見られます。
    そして、コインチェック社がPoloniexから買ったはずの3億XEMも不正流出とともにウォレットから消えています。
    複数口座やウォレットがあるのであれば、今回の流出で「ひとつのホットウォレットに顧客資産も自己勘定資産も置いていたため、ほぼすべてのNEMが流出した」というコインチェック社の金融庁、警視庁への報告も嘘だということになってしまいます。

     記者会見や当局への報告内容を総合すると、コインチェック社は顧客からのNEMを買う注文を受け付ける4月19日から6月12日までNEMを自社のウォレットで保有していないことが確定的となります。

     つまり、コインチェック社は:

    仕入れていないNEM/XEMを、ユーザーに対して販売していた

    疑いが極めて強くなります。


    https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180130-00081027/



    続きを読む

    1: 2018/01/29(月) 22:28:13.47

    no title



    コインチェック社長がボディーガード雇用 / 刺し殺された豊田商事殺人事件の再来に不安の声

    ・ボディガードを雇用
    コインチェック株式会社代表取締役の和田晃一良氏(27歳)が、ボディガードを雇用していることが判明したのである。

    ・恐ろしい誘拐事件も発生
    ここ最近では、ウクライナの首都キエフの仮想通貨取引所「EXMO」代表取締役パヴェル・ラーナー氏が誘拐された事件が発生している。
    場合によっては殺害される可能性もあり、仮想通貨取引所の社長がボディーガードを雇うのは間違いではない。

    ・和田晃一良社長に恨み
    コインチェックは不正送金の影響で利用者が出金できない状態が続いており、多くの人たちが激怒。
    コインチェック本社前で「金返せ!」と叫んで怒る人も出現している。ボディーガードは誘拐犯から身を守るためというよりは、
    今回の事件で和田晃一良社長に恨みを持った人の一部が暴走した際に、身を守ってもらう効果のほうがありそうだ。

    http://buzz-plus.com/article/2018/01/28/coincheck-wada-president-bodyguard/

    続きを読む

    1: 2018/01/29(月) 19:15:44.81 _USER9

    K10011307201_1801291939_1801291953_01_02[1]


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011307201000.html

    コインチェックから巨額の仮想通貨が流出した問題を受けて、代金の支払いに仮想通貨が利用できる飲食店の中には、決済サービスが利用できなくなった店もあり、影響が出始めています。

    このうち、東京・銀座の回転ずし店では、支払いの手段として仮想通貨のビットコインが使える、コインチェックの決済サービスを導入していて、多い月には100件近い利用があるといいます。

    ところが、今回の問題で、今月27日からコインチェックが決済サービスを一時的に停止したため、この店では、29日もビットコインでの支払いができない状態だということです。

    店では、張り紙などで利用客に周知していますが、コインチェックからは、決済サービスの再開のめどについての連絡はないといいます。

    回転寿司酒場銀座沼津港の長浜賢店長は「仮想通貨で支払いができる店として、最近では、外国人旅行者だけでなく、日本人の常連客も増えるなど順調だっただけに残念だ。できるだけ早く安全な形で再開してほしい」と話していました。

    続きを読む

    1: 2018/01/29(月) 15:18:11.52
     
    fsa[1]



    仮想通貨取引所大手コインチェック(東京)の仮想通貨流出を受け、金融庁が国内の全取引所に対し、
    顧客資産の管理状況を報告するよう要請したことが29日、明らかになった。
    管理手法や不正アクセスの検知方法などを確認し、問題があれば改善を促す。
     取引所が管理する顧客資産は、インターネットに常時接続した状態でコンピューターで保管する方法と、遮断した状態で保管する方法の二つがある。
    資産の大部分については遮断して保管するのが一般的とされるが、コインチェックは流出した顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」のすべてをネットに接続した状態で保管していた。
     金融庁は、各取引所に対し、ネットに接続した状態で保管している仮想通貨の金額や割合、運用方法などを報告するよう要請。
    サイバー攻撃を受けた際の対処方法についても説明を求めた。

     また、コインチェックが流出を確認するまでに約8時間半かかったことを踏まえ、異常な送金依頼があった場合の検知方法の報告も要請した。

    金融庁、仮想通貨流出受け全取引所に報告要請=顧客資産管理で
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018012900488&g=eco

    続きを読む

    1: 2018/01/29(月) 12:06:30.64 _USER9
    仮想通貨取引所「コインチェック」(東京)で、不正アクセスにより仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円相当が外部流出した問題で、ネット上で日本人の17歳女子高生の天才ホワイトハッカーが、犯人を追跡し、盗まれた通貨の所在を特定したとの見方が広がり、経緯などを解説するHPが続々と登場している。

    この「ホワイトハッカー」と言われている人物は、流出事件があった26日夕方にツイッターに「ハッカーのアカウント監視はじめるか」と投稿。
    27日未明には「NEM財団が、流出資金自動追跡プログラムの作成を開始しました。その完成を待ち引き継ぎを行い、作業終了とさせていただきます。それまでは、こちらで追尾を続けます」「犯人の財布にマーキングを行なっています」とツイートした。あくまでNEM財団に協力する社会貢献活動としている。

    その後のコインチェックの説明が、消失した通貨の所在を確認できていることなど、この人物の投稿どおりとなったことから、真偽不明ながら、この人物に注目が集まった。

    この人物のツイッターの名前欄に「JK17」とあるため、17歳の女子高生として広がっているが、年配の凄腕ハッカーとの見方もある。

    堀江貴文氏が開催する「ホリエモン万博」は、速攻でこの人物に対してツイッターで公開出演依頼と、堀江氏との対談を要請している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000046-dal-ent

    Rin, MIZUNASHI (JK17) @minarin_

    NEM財団が、流出資金自動追跡プログラムの作成を開始しました。
    その完成を待ち引き継ぎを行い、作業終了とさせていただきます。
    それまでは、こちらで追尾を続けます。

    http://twitter.com/minarin_/status/956929973356453888

    ec5cc68f8c571df2cea2badd0b327217[1]




    続きを読む

    1: 2018/01/29(月) 02:54:23.999 ID:Slw3TwyWx

    lgf01a201409040200[1]




    まずはビットコイン買った。一番高かった時だから200万オーバーで0.9BTC買った
    そしたら年末に160万くらいになって、怖くなって一旦手放した
    次にモナコインがくるんじゃないかと思った。年末1300円くらいで残額全部つぎ込んだ
    そしたら年始に1000円を下回るようになった。怖くなって全額手放した
    反対にビットコインが今度は上がりだした。170万くらいで全額つぎ込んだ
    そしたら200万くらいになって、ウハウハしてたのもつかの間、今度は100万円を割り込むようになった。怖くなって一旦売った
    このあたりで残金は6万円くらいになってた。逆転するには草コインしかないと思い全額をつぎ込んだ
    今取引所のチャートを確認したら1/3の価格になってた。怖くなって売った。残り2万5000円
    もう本当に死んでしまいたい

    続きを読む

    1: 2018/01/28(日) 21:25:18.22
     
    ネムやビットコインなどの仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)が不正アクセスの被害に遭い、仮想通貨が約580億円も不正送金された件で、新たな話題が注目されている。

    ・カイジの三好と前田にそっくり
    不正出金の記者会見を行った、コインチェック株式会社代表取締役の和田晃一良氏(27歳)と取締役の男性のふたりが、人気漫画「カイジ」シリーズに登場する三好と前田にそっくりで、シチュエーションも似たようなものがあると話題になっているのである。

    ・カイジはお金がらみの物語
    実際に見比べてみれば確かにそっくりで、「確かに似てますね」との声が出ている。しかもカイジはお金がらみの物語なため、今回のようなお金のトラブルとイメージがかぶるというのもある。

    ・主人公のカイジを裏切る行為
    和田晃一良社長の鬼畜すぎるコメントがインターネット上で物議をかもしているが、和田晃一良社長に似ているといわれている三好も主人公のカイジを裏切る行為をし、お金を得ようとする。実際はそんな人間ではないことを強く願いたい。

    ちなみに最近、身の安全のため和田晃一良社長はボディーガードを雇ったことが判明している。

    また、和田晃一良社長はカイジを愛読しているようで、カイジに登場するような金持ちのように「困っている人を安全なビルの中から見て楽しむ遊び」が好きだと発言している。

    以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/01/28/coincheck-kaiji-miyoshi/
    no title

    no title

    続きを読む

    1: 2018/01/28(日) 19:51:00.96

    20180127-00000003-mai-000-1-view[1]



    仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)は28日、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が外部からの不正アクセスで流出したことについて、金融庁に被害や安全対策の状況などを報告した。

     金融庁は報告を踏まえ、近く改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方向で調整に入った。報告内容を早急に精査するが、一部業務停止の行政処分を出す可能性もある。

     コインチェックの大塚雄介取締役は報告後、記者団に対し、返金を表明した総額約463億円の原資について、「現預金などで十分な資産を持っている」と語った。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000035-jij-pol

    続きを読む

    このページのトップヘ